ジャケ買いの現場

THELONIOUS MONK

セロニアス・イン・アクション ミステリオーソ

Thelonious In Action 1958
Misterioso 1958

キリコの絵には、日常にない非現実的な光景が描かれていて、絵を見ているうちに、その世界に入り込んでみたくなるような不思議な気持ちにさせられる。何となくユーモラスにも思える絵だが、この日常とはズレた「変」な光景に、居心地の悪さを感じるという人もいるかも知れない。
私が最初に聴いたモンクの作品は、ジャケットにキリコの絵が使われた『ミステリオーソ』で、やはり「ジャケ買い」。

モンクは音楽家、ピアニストとして非常に高い評価を受けており、特にミュージシャンの間には、モンクを絶賛する人たちがとても多い。エリック・ドルフィーは「モンクはただ歩いているだけで音楽だ」とまで言っている。
しかし、あらゆる方面から高く評価される一方で、モンクの個性的な演奏スタイルが苦手というジャズ・ファンもいるようだ。決して前衛性、実験性を前面に出しているわけではなく、ユーモラスで親しみ安い音楽だが、オーソドックスなスタイルとは微妙にズレた「変」なところがある。流暢で美しい演奏のジャズピアノを期待すると、意外性の連続に聴き疲れしてしまうのかも知れない。この微妙なズレや意外性に面白さを感じるか、それとも居心地の悪さを感じてしまうかで“好き・嫌い”が分かれるのだと思う。

いずれにしても、自分の好みに合うかどうかは一度聴いてみるしかない。モンクの入門盤としては、必ずと言っていいほど『ブリリアント・コーナーズ』や、ピアノソロの『セロニアス・ヒムセルフ』が推薦されているが、どちらも一分の隙もなく構築されたモンクス・ミュージックの極北となる作品なので、初めて聴くには少し敷居が高いかも知れない。最初に聴くモンクとしては、この『イン・アクション』と『ミステリオーソ』の2枚がよいのではないだろうか。どちらもファイブ・スポットでの同日のライブ演奏なので、ノリもいいし、疾走するジョニー・グリフィンのテナーと、突っかかるようなモンクのピアノの対比も面白い。
キリコの絵の『ミステリオーソ』のジャケットもいいし、ライブの写真が使われた『イン・アクション』のジャケットが、これまたカッコいい。


このページの先頭へ

ひとつ前へ戻る

ひとつ次に進む


ご意見・ご感想をお聞かせください。